デンバー・ダウンタウンとスキー場(Frisco、Vail)間のバス




デンバーダウンタウンとスキー場近くの町まで、バスが運行されています。長距離バス会社Greyline(グレイライン)と、コロラド運輸省(CDOT) Bustangサービスです。

バスはデンバーダウンタウンの19th StreetとCurtis Streetの角にあるDenver Bus Center(グレイハウンド長距離バスの乗り場)から出発後、Idaho Springs(アイダホスプリングス)、Frisco(フリスコ)、と停まり、Vail(ベイル)が終点です。1日2.5往復。

レンタカーは借りていないが、スキーに来ていて、1日デンバー市内訪問したい。あるいは、デンバーに来たけど、日程の途中でスキーリゾートへ行きたい、という方は利用をお考えください。

※ Frisco(フリスコ)では市内や近隣のスキー場まで、無料のバス、Summit Stageが運行されています。
【Summit Stage】ホームページ

以下は2015年9月現在の運行スケジュールと料金。
最新のスケジュールと料金は、Greyhoundのホームページ
【Greyhound】ホームページ
Bustangのホームページ
【Bustang】West Line
でお調べください。

“デンバー・ダウンタウンとスキー場(Frisco、Vail)間のバス” の続きを読む

【コロラド/デンバー/ボルダー/コロラドスプリングス】質問箱




デンバー周辺交通手段の使い方と、最もポピュラーな周辺観光案内の掲載が一段落したので、一度、このページをトップにアゲ直します。


【オリジナルPublish:2015年8月24日】

現在のデンバー国際空港は1995年に、ユナイテッド航空のアメリカ内陸部のハブ空港として開港しました。
その後、西海岸に到着した日本人・中国/香港人、その他のアジア人の内陸部乗り換え空港としてもよく利用されていました。

2年前の2013年6月10日、成田空港との直行便が運行開始され、デンバーを含むコロラド州内に出張や旅行で滞在する日本からの訪問者も増えてきています。

このサイトではその為にデンバー空港利用案内を含め、短期滞在旅行者のための付近の観光案内も掲載してきました。これまでの掲載内容は「カテゴリー・リスト」で「デンバー/コロラド」をクリックしてください。

“【コロラド/デンバー/ボルダー/コロラドスプリングス】質問箱” の続きを読む

ゴールドラッシュ時代の町、Central City(セントラル・シティ):西部開拓時代の歴史的建造物、金鉱跡、そして、スロットマシン




デンバーから車で約1時間のところにあるCentral City(セントラル・シティ)は、1859年のゴールドラッシュで栄えた町。一時は人口が1万人以上部膨れ上がり、当時はデンバー市とセントラル・シティのどちらを州都にするかを競ったくらい栄えていました。

金の採掘は1900年ごろには減少し、現在のセントラル・シティの人口は663人(2010年国勢調査)。

現在でも金鉱脈はあるものの含有率が低いとあって、積極的なほとんど採掘は行われていませんが、今後の金精錬技術と金の価格次第ではまた金の採掘が広く再開されるかもしれません。

コロラド州は地域再生化の一部として1991年からギャンブルを合法化し、州政府に許可された都市でのみギャンブルが行われています。1991年よりセントラル・シティ、その手前のブラック・ホーク(Black Hawk)、そして、州中央部のクリプル・クリーク(Cripple Creek、コロラドスプリングスの西、車で片道約1時間)の3都市でのみギャンブルが許可されています。

ギャンブルが解禁になってからはセントラル・シティの手前のブラック・ホークには他州の資本によって建築された新しいカジノホテルが立ち並び、栄えています。セントラルシティでは既存の古い建物の中に、屋内にはスロットマシンが並んでいる・・・というアンバランスな風景が見られ、カジノのオウナーも地元が多いです。

セントラル・シティには1800年代後半の西部開拓時代、ゴールドラッシュ時代の博物館、ホテル、劇場があって閲覧できるほか、金鉱ツアーに参加できます。

“ゴールドラッシュ時代の町、Central City(セントラル・シティ):西部開拓時代の歴史的建造物、金鉱跡、そして、スロットマシン” の続きを読む

デンバー近郊、Georgetownの観光蒸気機関車!




コロラド州内には約10ヵ所の電車・蒸気機関車の乗れるところがありますが、
【Colorado Come to Life】Complete Guide to Colorado Train Trips
デンバー発着のAmtrak California Zephyr(シカゴ ⇔ サンフランシスコ間)を除いて、その中でも最もデンバーに近いところは、デンバーから車で1時間弱で行けるGeorgetown(ジョージタウン)のGeorgetown Loop Railroadです。夏は蒸気機関車、12月はサンタクロースとMrs.サンタクロースが一緒に搭乗して電飾で明かりをつけた電車が走ります。蒸気機関車好き、お子さん連れには必須の観光スポットです。
オリジナルのGeorgetown Loop Railroadは、1884年に観光と、金・銀を鉱山から運ぶ役割として、開通しました。

Georgetownには(3ブロックしかありませんが)ビクトリア朝の建物、
 - アンティークや画廊のあるダウンタウンショッピング街(3ブロックしかないので、興味が無い人はすぐに時間を持て余してしまいます。)もあり、
また、
 - 鉄道の途中には廃鉱になった銀鉱ツアー(Lebanon Tunnel)もあって、それに参加するオプションもあります。
さらに、
 - 近くのGeorgetown Lake(ジョージタウン)ではニジマスが釣れ、冬は氷上で釣りが出来ます。

近郊の観光スポットには
 - Mt Evans
 - Idaho Springs
 - Central City/Black Hawk
 - Winter Park (冬のスキーリゾート)
さらに、
 - スキーリゾートKeystone、Copper Mountain、Breckenridge、Vail、Aspenなどのスキー場へ行く途中
 - アウトレットストアのあるSilverthorneへ行く途中
でもあります。

“デンバー近郊、Georgetownの観光蒸気機関車!” の続きを読む

【コロラド】海抜4350メートルのマウント・エバンス(Mt. Evans、Mount Evans)に車で登って、北アメリカ大陸の分水嶺を眺めよう。




デンバー市より西へ直線距離で35マイル(56キロ)に位置するマウント・エバンス(Mt. Evans、Mount Evans)山は、晴れた日はデンバー市内からもくっきり見え、また、夏は「ほぼ」頂上まで車で到達できます。
頂上の高さは14271フィート(4350メートル)。舗装道路は夏の間(例年、5月末のメモリアルデーから10月第一週の週末まで。Summit Lakeから上は9月のLabor Day週末の翌日には閉鎖されます。)だけオープンし、頂上付近の駐車場は標高14120フォート(4304メートル)地点にあります。あと46メートル(標高です。距離ではありませんよ。)を徒歩で登れば、頂上に立てます。

* デンバー市内の高層ビルから見たMt. Evans。手前にはNFLのデンバー・ブロンコスのホーム球場(Sports Authority Field at Mile High)が写っています。

もともとはデンバー市とデンバー郡が共同で舗装道路を建設したのがきっかけ。(完成は1930年。)1980年代までは無料でしたが、現在は連邦森林サービス(Forrest Service)も共同管理に加わり、入場料(車一台当たり$10 $15)を料金所ゲートで徴収しています。ただし、アメリカ国立公園の年間パス、シニアパス保持者は追加料金無しで入園できます。

1971年から毎年6月に、海抜3230メートルのEcho Lakeから、海抜4304メートルの頂上駐車場まで14.5マイル(23.2キロメートル)を走るレース、Mt. Evans Ascentがあります。
優勝者はこの距離と高度を大体2時間前後で走破しています。日本の高橋尚子選手は2008年のレースで2時間6分22秒のコースレコードを達成しましたが、彼女の記録は2年後には破られています。
【Racing Underground】Mt. Evans Ascent : America’s Highest Road Race

“【コロラド】海抜4350メートルのマウント・エバンス(Mt. Evans、Mount Evans)に車で登って、北アメリカ大陸の分水嶺を眺めよう。” の続きを読む

コロラドの老舗クラフトビール醸造所


- Old Counter



備忘録で、コロラド州の老舗クラフトビール醸造所を書き留めておきます。

ちなみに、コロラド州(ほぼ)全クラフトビール醸造所リストは、
【Colorado Craft Brews】Colorado Brewery List
にあります。地図は、
【Colorado Craft Brews】Colorado Craft Beer Map
です。

“コロラドの老舗クラフトビール醸造所” の続きを読む