【コロラドスプリングス】車かバイクで登る、Pikes Peak Highway




10日ほど前に、年一回の定例二社会議に出席した日本からの出張者2人が3日間の会議後の1日を自由時間に取って、ハーレイをレンタルしてPikes Peakにバイクで登る予定だと話していました。海抜4302メートル(14115フィート)のPikes Peakに、筆者はこれまで三度登ったことがありますが、いずれも登山電車(Pikes Peak Cog Railway)を使っての登山でした。なので、車やバイクを使ってのPikes Peakへの登山に関しては、頂上の天気や気温以外は詳しいアドバイスが出来ませんでした。
以前のブログ記事:
【コロラドスプリングス】海抜4302メートルのPikes Peakは、登山電車か車で登る - 2015年8月23日

先週木曜日、午前中にコロラドスプリングスへ通訳で行く機会があったので、そのあとに経験のために筆者も車でPikes Peakへ登ってみよう、と決め、実行しました。

※ コロラドスプリングス市内からPikes Peakを望む(撮影:3月)

その結果、以下のようなことがわかりました。

■ Pikes Peak Highwayは、有料です。
料金は、大人(15歳以上)一人に付き$15、子供(6~15歳)一人に付き$6。ただし、車一台に付き最大$50(最多5人まで)。
【Pikes Peak】Tickets
道路開通時間:午前7時半から午後8時まで。

“【コロラドスプリングス】車かバイクで登る、Pikes Peak Highway” の続きを読む

【コロラドスプリングス】ペンローズ・ヘリテージ・ミュジアム(Penrose Heritage Museum)は、入館無料




コロラドスプリングスのブロードモア(Broadmoor)ホテルの創設者であるSpencer Penrose氏の妻、Julie Penroseが創設した博物館。もともとは1800年代末、1900年代初期の馬車を保存・展示していましたが、その後、毎年6月末に行われるPikes Peak International Hill Climb(パイクスピークの麓から頂上まで、約130のヘアピンカーブを登る)のタイムレースに参加したレースカー等も加わり、
 - 31の馬車
 - 13のクラシックカー/Pikes Peak Auto Hill Climbレース参加カー(1920年代)
 - Penrose氏所有の1928年型キャディラック・リムジン
 - 同1906年型ルノー
等が展示されています。Pikes Peak Hill Climb参加者・観戦者や、クラシックカー/レースカー好きは、必見です。

“【コロラドスプリングス】ペンローズ・ヘリテージ・ミュジアム(Penrose Heritage Museum)は、入館無料” の続きを読む

【コロラドスプリングス】コロラドスプリングス・パイオニアーズ博物館(Colorado Springs Pioneers Museum)




コロラドスプリングスのダウンタウン内に、コロラドスプリングス・パイオニアーズ博物館(Colorado Springs Pioneers Museum)があります。
【The Colorado Springs Pioneers Museum】ホームページ

“【コロラドスプリングス】コロラドスプリングス・パイオニアーズ博物館(Colorado Springs Pioneers Museum)” の続きを読む

【コロラドスプリングス】World Figure Skating Museum & Hall of Fame(世界フィギュアスケート博物館・殿堂)




コロラドスプリングスには世界規模の大会が開催できるスケート場(The Broadmoor World Arena)と、オリンピッククラスのスケート選手のトレーニングに使われているスケート場(World Arena Ice Hall – US Olympic Training Site)があります。ここで開かれるイベントに参加または観戦に来られる日本のスケートファンも沢山いらっしゃるようなので、これに関連して、コロラドスプリングスにある「世界フィギュアスケート博物館・殿堂(World Figure Skating Museum & Hall of Fame)」について書きたいと思います。

World Figure Skating Museum & Hall of Fameのホームページは、こちら
【The World Figure Skating Museum & Hall of Fame】ホームページ

“【コロラドスプリングス】World Figure Skating Museum & Hall of Fame(世界フィギュアスケート博物館・殿堂)” の続きを読む

【コロラドスプリングス】USオリンピック・トレーニング・センターのツアー




コロラドスプリングスにはもちろん、Garden of the Gods、Pikes Peak、Air Force Academy(空軍士官学校)、そして、5つ星ホテルのBroadmoor Hotelや、Seven Falls(七段の滝)と言った名所があります。

コロラドスプリングスにはUSオリンピック委員会の本部(事務本部は、コロラドスプリングスのダウンタウンにあります)があり、アメリカ国内で最初に建設され、最も充実しているUSオリンピック・トレーニング・センターもあります。コロラドスプリングスに来たら、是非こちらも訪問してください。このトレーニングセンターは、
● 海抜約1800メートル (デンバーよりも約200メートル高い)
● 広さ35エーカー
● 選手宿泊施設 242室/512ベッド
● アメリカのオリンピック・パラリンピック候補選手だけではなく、許可を貰えば、他国の選手もここで訓練できます。

なお、USオリンピック委員会は日本などの他国のオリンピック委員会とは違って、政府の援助を一斉受けておらず、一般企業や市民の寄付金で運営されています。

※ アメリカ国内にはコロラドスプリングスの他、
 - 陸上競技のトレーニングセンターがサンディエゴ(Chula Vista)に、
 - 冬季屋外競技のトレーニングセンターがレイク・プラシッド(Lake Placid)
にあり、合計3ヵ所にオリンピック・トレーニング・センターがあります。

このコロラドスプリングスのUSオリンピック・トレーニング・センターは一般公開しており、敷地内の一般ツアーが30分毎に(日曜日と冬は1時間毎に)あり、ツアー所要時間は約1時間になっています。

入場料は大人$12(60歳?以上のシニアは$10)、子供$8。
開園は月~土が9時から16時半まで、日曜日は11時から16時まで。
詳細は、下記ウェブサイトを参照して下さい。一般ツアー(OTC Tours)の予約は、特に必要ありません。
US Olympic Training Center Tour Packages

“【コロラドスプリングス】USオリンピック・トレーニング・センターのツアー” の続きを読む

【コロラドスプリングス】セブン・フォールズ(七段の滝、Seven Falls)への行き方




2018年7月8日更新
Seven Fallsの入場料は大人一人$14.50(60歳以上はシニア$2割引)/子供一人$9。パーク入り口から滝のあるところまでのトラムはオプションで、往復1人$2の追加料金となっています。シニア料金の方は、追加無しでトラム利用可能です。(チケットを買うときにトラムを申し込んでください。)
歩くとパーク入り口から滝のあるところまで、片道20分(往復40分)ぐらいかかります。他の観光地も回る予定で、Seven Fallsでの滞在時間を短縮したい場合には、1人$2追加料金を払って、園内トラムを利用すると、時間が短縮できます。

また、Seven Fallsの崖の上にはZIPラインがあります。ZIPラインの利用者は、Broadmoorホテルの近くから出発します。


先日、コロラドスプリングスの観光スポットのひとつ、Seven Falls(セブン・フォールズ、七段の滝)へ初めて行って来ました。
前から存在は知っていましたが、訪れたのは初めてです。

Seven Fallsはコロラドスプリングスの山の麓の峡谷にある滝で、1880年代から観光地として一般に公開されています。
しかし、2013年9月中旬の洪水で一帯は被害を受けて閉鎖。 所有していたA.G. Hill FamilyはSeven Falls公園を修復する資金が無かったため、2014年に近くの5スターホテルBroadmoor HotelがSeven Fallsを買収し、修復。2015年8月13日に一般公開を再開し、現在に至っています。
Broadmoorホテル所有になってからはSeven Falls公園へのアクセスが変更になっており、訪問客は Broadmoorホテルの駐車場に車を停め Norris Penrose Event Center(コロラドスプリングス・ロデオ会場、住所:1045 Lower Gold Camp Road, Colorado Springs, CO 80905)に無料で駐車し、そこから無料送迎のシャトルバスで公園に行き来します。 

“【コロラドスプリングス】セブン・フォールズ(七段の滝、Seven Falls)への行き方” の続きを読む

【コロラド/デンバー/ボルダー/コロラドスプリングス】質問箱




デンバー周辺交通手段の使い方と、最もポピュラーな周辺観光案内の掲載が一段落したので、一度、このページをトップにアゲ直します。


【オリジナルPublish:2015年8月24日】

現在のデンバー国際空港は1995年に、ユナイテッド航空のアメリカ内陸部のハブ空港として開港しました。
その後、西海岸に到着した日本人・中国/香港人、その他のアジア人の内陸部乗り換え空港としてもよく利用されていました。

2年前の2013年6月10日、成田空港との直行便が運行開始され、デンバーを含むコロラド州内に出張や旅行で滞在する日本からの訪問者も増えてきています。

このサイトではその為にデンバー空港利用案内を含め、短期滞在旅行者のための付近の観光案内も掲載してきました。これまでの掲載内容は「カテゴリー・リスト」で「デンバー/コロラド」をクリックしてください。

“【コロラド/デンバー/ボルダー/コロラドスプリングス】質問箱” の続きを読む

【デンバー】レンタカーの無い人のためのバスツアー、リスト




リクエストがありましたので、デンバーで車を借りずに観光できるバスツアーのリストを(再度)まとめます。

“【デンバー】レンタカーの無い人のためのバスツアー、リスト” の続きを読む

デンバー国際空港からコロラドスプリングスへの行き方




デンバーの約70マイル(112キロメートル)南のコロラドスプリングス(Colorado Springs)は人口約60万人の市で、
 - Pikes Peak(標高14115フィート(4302m))
 - Garden of the Gods
 - 空軍士官学校(Air Force Academy)
の他、
 - オリンピック・トレーニング・センター(アウトドア競技以外の競技種目)
 - 北米空軍指令センター(NORAD)
 - 軍事開発(特に、戦闘機・軍事衛星関係)
 - 電子機器メーカーの開発センターまたは工場
 - 5つ星ホテル、Broadmoor Resort & Hotel‎
 - Pikes Peak International Hill Climb自動車レース
 - コロラド大学コロラドスプリングス・キャンパス
などでも有名です。

そこで、レンタカーを借りる以外でデンバー国際空港からコロラドスプリングスへ行く方法って、どういう方法があるんでしょうか?



“デンバー国際空港からコロラドスプリングスへの行き方” の続きを読む

コロラドのお土産




お土産情報のリクエストがありましたけど、アメリカってどこへ行っても「ご当地饅頭」みたいなのが無いので、お土産に迷いますよね。
あるのは、「ご当地キーホルダー」と「ご当地Tシャツ」ぐらいですよね。

・・・とは言っても、探してみましょう、コロラドのお土産になりそうなモノを。

なお、このリストはまだ書き始めたばかりで、今後も見つけ次第、(また、時間があり次第)増えていきます。

“コロラドのお土産” の続きを読む

【コロラドスプリングス】空軍士官学校(Air Force Academy)見学




気分が乗っているついでに、日本人向けコロラドスプリングスの3大観光名所の残りひとつ、空軍士官学校(Air Force Academy)について書きましょう。

空軍士官学校(Air Force Academy)はGarden of the Godsに北側に位置し、デンバーからコロラドスプリングスに一日観光する際には、良くコースに入れられる訪問地のひとつです。

前の記事にも書きましたが、コロラドスプリングスには他にもたくさんの「小さな観光名所」がありますが、日本人向けには大体ここがコースに入っています。

見所は、何でしょうね?


ちなみに、空軍士官学校(Air Force Academy)は、アメリカの空軍士官を育てるための4年制大学。この大学に入るには成績と品行と体力が上位であるだけではなく、それぞれの出身州の上院・下院代議士からの推薦が必要です。そして、各州から数名しか入学できません。

最近では日本の防衛大学との提携で、防衛大学から年に約3名、1学期~1年の交換留学に来ています。

“【コロラドスプリングス】空軍士官学校(Air Force Academy)見学” の続きを読む

【コロラドスプリングス】赤茶色の岩がそびえ立つGarden of the Gods




観光案内ついでに、デンバーからも日帰りで行けるコース、そして、Pikes Peaksへ行く時にはついでに含めたいコースのひとつである、Garden of the Godsの紹介もしておきましょう。日本語では「神々の庭」と訳されていますが、なんか感じが出ないですねぇ。

こちらは、ともかくアメリカの西部らしい赤茶色の岩がそびえている、奇岩の景色がすばらしい、・・・まあ、それだけであります。
同様な赤茶色の岩の景色ではアメリカ国内は他にはモニュメントバレー(Monument Valley)、アーチズ国立公園(Arches National Park)、ブライスキャニオン国立公園(Bryce Canyon National Park)がありますが、まあ、同系の自然です。
ただ、他と違うのは、こういう地形が市街地に接してあること、公園内(と勘違いされそうな場所)に人家があるということ。
許可を取ればロッククライミングやボルダリングも可能なそうなので、そういう興味のある人は、腕試しをされてみてはどうですか?

※ デンバー市内バスツアーに良くある「Red Rocks Park/Amphitheater」に寄るコースも、似たようなもの風景です。

デンバーからだとわざわざ片道1時間半かけてこれだけの為に訪れる価値があるかどうかは、ご自分の興味次第で決めてください。もっとも、Pikes Peakの訪問のついでに途中に入れるんだったら、十分価値はあると思います。
もちろん、何らかの理由でコロラドスプリングスに滞在する人はそんなに時間も掛からないし、公園入園料は無料だし、訪問必須です。

“【コロラドスプリングス】赤茶色の岩がそびえ立つGarden of the Gods” の続きを読む

【コロラドスプリングス】海抜4302メートルのPikes Peakは、登山電車か車で登る





2018年春から運転休止中のコロラドスプリングスのパイクスピーク森林電車(Pike Peak Cog Railway)は、線路の整備と新しい車両を導入し、2021年に再開予定です。
https://www.pikes-peak.com/pikes-peak-cog-railway-closed/



Pikes Peak Cog Railway (パイクスピーク登山電車)は、126年の運行の歴史の後、線路と設備の老朽化が理由で運行の安全性が保証できないため、2018年春から「無期限運休」することになりました。
現在、海抜4302メートルのPikes Peakの頂上に上る方法は、自家用車かGray Line(グレイ・ライン)のツアー、または、距離7マイル(約11キロ)の登山道を4時間かけて登る、だけになりました。
【コロラドスプリングス】車かバイクで登る、Pikes Peak Highway - 2017年8月6日


コロラド州には標高14000フィート(4267メートル)以上の山が53ありますが、登山愛好家の人たちはこれらの山を「14ners(Fourteeners)」と称して、この53の山頂を全て征服するのがゴールの人たちもいます。

そのうちのひとつ、Mt. Evansは頂上から46メートル(標高差)下まで一気に車で行けることは、紹介しました。
【コロラド】海抜4350メートルのマウント・エバンス(Mt. Evans、Mount Evans)に車で登って、北アメリカ大陸の分水嶺を眺めよう。 – 2015年8月22日

実は、もうひとつ、山頂まで汗をかかずに、足も痛めずに行けてしまう14nersがあります。それは、コロラドスプリングスの西にそびえる標高14115フィート(4302m)のPikes Peakです。

1893年7月、Katharine Lee BatesさんがPikes Peakの頂上に立ち、そこから見渡す景色に心を打たれ、今では「第2のアメリカ国歌」とも言われる「America the Beautiful」を作詞した、と言われています。

このPikes Peakには、頂上そのものまで、
- 車
または
- 登山電車(Cog Railway)
のどちらかで登ることができます。

“【コロラドスプリングス】海抜4302メートルのPikes Peakは、登山電車か車で登る” の続きを読む

コロラドの大晦日イベント


- Old Counter



本日は大晦日。

そこで、コロラドで行われる主な大晦日イベントをご紹介します。

■ Denver

2001年から行われている恒例のデンバー大晦日花火ショーは、ダウンタウンの16番街(16th Street Mall)から見られます。
花火が打ち上げられる場所は今年は当日まで秘密となっています。
花火は2回、午後9時と24時です。

その他、Arapahoe通りの15th Streetから18th Streetに広がるSkyline ParkにあるSouthwest Rinkでは午後7時半と10時半からDJが音楽をプレイします。
今年はSkyline Park以外にも、16th Street Mallで6人のDJが音楽をプレイしてくれるそうです。

また、16番街(16th Street Mall)を走る年中無料のバス以外にも、デンバー市内と郊外を走る全てのRTDバスと電車が大晦日午後7時より正月午前6時まで、無料になります。

デンバー(およびその周辺の) 2014年大晦日イベント:
【Denver.org】New Year’s Eve Weekend

“コロラドの大晦日イベント” の続きを読む